カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. カラダノートひろば >
  3. 妊娠・出産 >
  4. 出産 >
  5. 出産準備 >
  6. 赤ちゃんの寝る物or場所

出産準備

赤ちゃんの寝る物or場所

投稿者:ラナさん 20代 

こんにちは♡
只今妊娠7ヶ月(1月予定日)
少しづつ色々と準備をしているのですがここで、赤ちゃんの寝る物(布団類)や寝る場所で悩んでいます。


寝室は2階で部屋(8畳)にはクイーンサイズのベッドとテレビがあります。

赤ちゃんを寝かすスペースですが、
⚫︎ベビーベッドが必要かのか
⚫︎ベッドインベッド(ファルスカetc)
∟こちらの場合は夫婦の間にベッドインベッドを置けるタイプですが、
赤ちゃん的にはどうなのでしょうか‥

皆様はどのように寝かせていらっしゃいますか( •ॢᴗ•ॢ⋈)??

ブックマーク
質問日時:2014-09-26 13:17コメント数:13
コメントは締め切られました

このトピックに関連づけられたタグ

コメント

回答者:らな さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 16:31

>> まなみさん
コメントありがとうございます!
本当に赤ちゃんの場所に悩みます‥
広ければベビーベッドも考えたいのですが‥なんせ狭いのと、真冬に産まれるので添い寝がいいのかな‥と思ってしまいます!

回答者:ラナ さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 16:29

>> u*さん
ベッドインベッド前向きに検討しようと思います!!

uさんとっても勉強になりました♡
本当にありがとうございました♡★‼︎

回答者:まなみ さん 30代
回答日時:2014-09-27 10:29

一般的に赤ちゃんの異常をすぐ察知できるように目線を同じにすると良いとあるみたいなのでベッドならベビーベッドの方がいいかもですね(^-^)
うちは狭い部屋にタンスと布団を2枚引いていっぱいいっぱいなので、逆に赤ちゃんの布団をどこに敷こうか悩んでます(´・ω・`;)

回答者:u* さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 09:51

>> ラナさん

腹部横の枕については、
フレックスのものは、昔と同じであれば、上下移動と、取り外しが出来ると思います。

エイドはHPをみていると、横の位置が変えられるようになっているようなので、こちらはおそらく、幅変えと外すことができるかと。

寝返り防止というよりは、赤ちゃんのずれ落ちや、大人の踏み潰し防止なイメージでした。固くガチガチについているわけではなく、枕が置かれている感じです。つけていても新生児には余裕があり、狭く感じなかったですよ☺︎何ヶ月か忘れましたが、息子がムチムチしてきてからは、横の枕は外してました。

エイドがどれだけ丈夫なのかは、パッドによりそうです。私は実物をみたことがないので、行けたらお店で一度みてくると良いかと思います。
フレックスのタイプは赤ちゃん本舗でも置いてありました。

寝る順序は、夫、赤ちゃん、私でした。夫が赤ちゃんを見たがったので。笑
短期間しか使わないのがもったいないですが、寝返りまでの安心剤として一つ同様品を購入されてもよいかもしれませんね。

我が家は、今はお友達に貸していますが、来年の第二子出産の時も、はじめは使う予定でいます。


回答者:ラナ さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 07:54

>> u*さん
とっても分かりやすくコメントありがとうございました。
さっそく、貼って頂いたURLで検索してみました♡
【フレックス】はお値段が高いですね‥
多機能もいらないので旧バージョンの方が良いかもしれません♡
【エイド】は少し長く使えるんですね。
見た感じ少し物足りなさはありますがあんな感じで十分なのでしょうか?

※↑上記共、横の三角などの寝返り防止⁇のものは赤ちゃんが挟まれ苦しくなることはないのでしょうか。

旧バージョンは腰の所に丸くありますがベッド自体が横幅40cmくらいとあるので狭くないか心配です。

因みに大人のベッドは硬めですが、
直でもいいのですね!!


一緒に寝る場合順序は
大人 子供 大人 でしたか??


こちらこそ、何度も質問責めてすみません‥
お手すきでしたら宜しくお願いします♡


回答者:u* さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 03:09

>> ラナさん

度々すみません。コメントからだとURLがクリックできませんね。

我が家が使っていたものは、ファルスカの、

ベッドインベッド フレックス
と同タイプのものです。

いまは、エイドというタイプも出ているそうですね。

フレックス。多機能になって、値段倍近く高くなりましたね。お座り練習には、無くてよいし、食事では、水分をこぼすことも多く汚れるからあまり使わないと思います。他にどこが旧タイプより優れた機能か調べていないのでわかりませんが、もし、こちらのタイプを購入されるなら、旧タイプなら半額くらいで出ているので、旧タイプでもよいかもしれませんね。

エイドのほうが、値段も安く、長く使えてよさそうです。
でも、ベッドが固めであれば、どちらもいらないと思います。頭の横に寝かすなどすれば、そうそう潰すことは無いかと思いますが、潰すのが心配であれば、エイドで充分かと思います。脇の三角のがあれば、掛け布団があがりすぎることも防げそうな気がします。




回答者:u* さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 02:59

>> ラナさん
http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/e329681h/
我が家はこれと、同タイプのものを使っていたのですが、ベッドインベッド自体にしっかりした骨組みと敷きパッドがはいっているので、大人ベッドに沈み込むなどもなく、しっかりしていました。

パッドに取り外しの洗えるカバーは付いていますが、夜中に吐いたり、新生児の便はやわらかく、便が漏れることもあったので、タオルを敷いていました。丁度、タオルを縦に敷くと、横幅がピッタリでした。
また、背中から頭にかけて、ギャッジアップされている設計なので、枕は使わず、頭の下にも四つ折りにしたタオルを敷いていました。

掛け布団は大人のが上までかかりすぎたり、夫はよく布団を剥ぐので、剥いでしまわないよう、赤ちゃんには赤ちゃん用に買ったものを掛けていました。

URLのとうり、2年前にでていた旧タイプは、赤ちゃんの頭のところを覆うようなものだったので、添い寝に不便はなく、大きな夫が赤ちゃんを潰すようなこともなく、新生児に慣れないうちはとても良かったのですが、しだいに子供もすぐ大きくなり、頭のところが覆ったままでは、もちろん添い乳ができないので、すぐに卒業となりました。

寝返りをするまでは、実家用にして、実家で使うこともありましたが、寝返りする頃には、行動範囲が狭まれるので完全卒業。
http://www.farska.com/product/spec/aid
今はこのようなタイプも出ているんですね!こちらだけでも良いかと思いますし、ベッドが固ければ、ベッドインベッド自体なくても良いかと思います。

二種類タイプがあるようですが、どちらも、寝返りするころには使わなくなる家が多いかと…一年使う人の方が少ないかなぁと思います。

掛け布団は、お昼寝でも使えるし、冬場用に一枚あっても良いと思います。ただ、足が丈夫になるにつれ、布団は蹴飛ばして掛けない子も多く、何歳までも使うものでもないので、そんなに高いものでなくて良いと私は思います。うちの子は一歳には、布団は掛けた側から剥いでしまうようになったので、冬場は厚いベストや腹巻で対応しています。

赤ちゃんの寝かす位置を、親の枕の位置にすれば、大人の布団がそれを越えて赤ちゃんの顔までかかる事は、まずないと思います。(普段、主様が頭まで布団を被って寝るタイプでなければ)

長い上、すごく説明が下手ですみません。少しでも参考になれば幸いです。

回答者:ラナ さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 01:52

>> u*さん
コメントありがとうございます♡
ベッドインベッドも添い寝だと邪魔になりますか??
ベッドインベッドは下の敷布はいらないのでしょうか??

布団が赤ちゃんにかからないか、心配ですが添い寝が第一希望です。

私たちと同じベッドで大丈夫なんでしょうか。

回答者:u* さん ひみつ
回答日時:2014-09-27 01:22

我が家は、ベビー用、敷きパッドと掛け布団、フォルスカのベッドインベットを買って、
昼間は、リビングで敷きパッド➕バスタオルや、いただいた薄がけを。
夜は、ベッドインベッド➕掛け布団
をしていました。

はじめはそうしていたものの、添い乳をするのに、フォルスカが邪魔になり、3ヶ月頃にはベッドインベッドは使わなくなりました。

回答者:ラナ さん ひみつ
回答日時:2014-09-26 21:51

>> しーmamaさん

コメントありがとうございます♡
ベッドで一緒に添い寝する場合は、赤ちゃんの布団はどうしていましたか?
掛け布団だけ赤ちゃん用を用意したら良いのでしょうか???

主人に下に寝てもらうのもありですねニヤリ_φ(≖ω≖。)♪♡

検索結果13件

カテゴリから探す

出産準備の関連ひろばカテゴリ

出産準備の関連記事カテゴリ

出産準備に関するトピック

通報フォーム

 の通報

通報を控えて頂きたいケース
・個人指標の通報(なりすまし、釣りだと思うからなど)
・【雑談】はどんな話題もOKです。連絡先情報のない友達募集も移動の対象となりません。

現在の文字数0文字(2000文字まで)
上へもどる